愛媛県総合教育センター・教育研究紀要第66集

情報化が急速に進展していく中で、教育の情報化の推進が強調されている。学校で活用できる学習ソフトも徐々に充実してきているが、財政的制約があることや教師の工夫を生かすためにも、自作ソフトの開発は欠かすことができない。そこで、教科、総合的な学習の時間、クラブ活動等において、児童生徒が図鑑として補助的に活用できるマルチメディア教材「身のまわりの草」の試作版を作成したので報告する。

 ■副題: 児童生徒用アプリケーションソフトの開発〜身の回りの草
 ■著者: 丸山樹
 ■発行機関: 愛媛県総合教育センター
 ■分類番号: 
 ■都道府県・機関別番号: 
 ■受入番号: 
 ■受入年: 2000
 ■受入月: 03

インスタグラムのアカウントはこちら
フェイスブックのアカウントはこちら