愛媛県総合教育センター・平成11年度長期研修生研究集録

コンピュータの普及が急速に進む中、マルチメディア教材が教育現場で注目され、その研究・開発が進んでいる。そこで、小学校低学年を対象に、マルチメディア教材を制作し、授業実践を行った。その結果、学習に対する意欲化を図ることができ、その意欲を継続させる効果があることが分かった。また、児童は、マルチメディア教材を操作することを仮想空間での体験ととらえており、主体的に学習につながることが確認できた。

 ■副題: マルチメディア教材の制作と活用〜小学校低学年の指導を通して
 ■著者: 沖田義朝
 ■発行機関: 愛媛県総合教育センター
 ■分類番号: 
 ■都道府県・機関別番号: 
 ■受入番号: 
 ■受入年: 2000
 ■受入月: 03

インスタグラムのアカウントはこちら
フェイスブックのアカウントはこちら