愛媛県総合教育センター・平成11年度長期研修生研究集録

気体供給型の教材用燃料電池において、パラジウムめっきしたステンレス金網を電極に用いることで、従来のものより安価で高出力のものが製作できた。その出力は、ビーカー内の単セルの反応において、模型用モーターを勢いよく回転させ、麦球を点灯させることができる。授業の導入時に、教師の演示実験として活用したところ、生徒の興味を引きつけ、エネルギーや環境問題を幅広くとらえていく教材として効果的に使えることがわかった。

 ■副題: 電池に関する基礎的研究とその教材化〜酸素・水素燃料電池の製作を通して
 ■著者: 若田益業
 ■発行機関: 愛媛県総合教育センター
 ■分類番号: 
 ■都道府県・機関別番号: 
 ■受入番号: 
 ■受入年: 2000
 ■受入月: 03

インスタグラムのアカウントはこちら
フェイスブックのアカウントはこちら