大分県教育センター・研究紀要第31号

大分県教育センター障害児では、様々な障害がある子どもの教育相談をしている。しかし、来所による継続相談の場合でも2〜3週間に1度しか相談を設定できないほど相談が増加している。そこで、来所を待つ期間や来所に抵抗がある子どもに電子メールを活用した支援方法を検討して、その成果を提示した。また、来所した子どもの最近の特徴としては、コンピュータによる支援の成果が着実に見られている。本研究では、平成9年度研究「知的障害がある子どもの指導に役立つコンピュータ活用」に基づきながら実践を進めた。

 ■副題: 障害児教育相談におけるコンピュータ活用
 ■著者: 岡部恵子
 ■発行機関: 大分県教育センター
 ■分類番号: 
 ■都道府県・機関別番号: 
 ■受入番号: 
 ■受入年: 2000
 ■受入月: 03

インスタグラムのアカウントはこちら
フェイスブックのアカウントはこちら
2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30