名護市立教育研究所・研究報告集第17号

本校で5年前から実施している「わたしの研究」を充実・発展させることが「総合的な学習の時間」につながると考え取り組んだ。実践においては、身近な地域の環境に焦点を当て、課題設定、実施計画、指導体制、地域人材の活用等に工夫をしてみた。さらに見通しをもたせるように工夫したワークシートやポートフォリオ評価を取り入れることにより、児童が追究の楽しさを感じ、充実した活動につながった。

 ■副題: 追究の楽しさを実感する「総合的な学習の時間」の展開〜身近な地域の自然環境を通して
 ■著者: 玉城奈美子
 ■発行機関: 名護市立教育研究所
 ■分類番号: 
 ■都道府県・機関別番号: 
 ■受入番号: 
 ■受入年: 2000
 ■受入月: 03

インスタグラムのアカウントはこちら
フェイスブックのアカウントはこちら