千葉市教育センター・研究報告書第52集

子どもの規範と規範意識の現状を解明するために、「個人規範」と「学級のもつ集団規範」の両面からアプローチした。「個人規範」については、対他者規範・対社会規範・対自己規範から、「学級のもつ集団規範」については、リターンポテンシャル曲線モデルから分析

 ■副題: 子どもの規範意識に関する研究〜「個人規範」と「学級の集団規範」の数値化を通して
 ■著者: 山崎益男
 ■発行機関: 千葉市教育センター
 ■分類番号: 
 ■都道府県・機関別番号: 
 ■受入番号: 
 ■受入年: 2000
 ■受入月: 03

インスタグラムのアカウントはこちら
フェイスブックのアカウントはこちら