愛媛県総合教育センター・教育研究紀要第66集

新しい科目「数学基礎」には、「数学史的な話題」が取り入れられる。数学の歴史を学習することで、数学が形成される過程を理解することができる。このことにより数学の基本的な概念への理解を深めるとともに、数学的な見方、考え方のよさを認識することができる。そこで県内現存算額を中心に、愛媛の数学の起こりと発展について調査し、数学の素材を見いだした。そして、算額の高校数学への教材化を図った。

 ■副題: 和算の教材化の研究〜「算額」を中心として
 ■著者: 渡辺雅道
 ■発行機関: 愛媛県総合教育センター
 ■分類番号: 
 ■都道府県・機関別番号: 
 ■受入番号: 
 ■受入年: 2000
 ■受入月: 03

インスタグラムのアカウントはこちら
フェイスブックのアカウントはこちら
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031