ホーム  >  各班からのお知らせ [ 産業教育班 ]
01|2018/02|03




123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728


カレンダーと同期

2018年2月13日

研究発表会のご報告(産業教育班)

   2月2日(金)の福岡県教育センター研究発表会には、多くの方々にお越しいただき、誠にありがとうございました。産業教育班長期派遣研修員3名の先生が報告とお礼を申し上げます。

  

農業生産の課題解決能力を育成するポートフォリオ教材の開発 


県立八女農業高等学校 主幹教諭 野中 格

 

   これからの農業科で培う資質・能力やキャリア教育の視点、地域の期待、生徒の状況等を踏まえ、生徒に農業生産の課題解決能力を育成すべきであると考えました。そこで今回の研究では、2年生「総合実習」におけるプロジェクト学習に活用できる農業版ポートフォリオ教材を開発しました。本教材は、フラワーアレンジメントによる草花商品の企画・開発に関する導入的な内容ですが、農業科における他の科目にも汎用性があると考えています。

研究発表会では、農業版ポートフォリオを活用した授業展開を説明し、生徒に農業生産の課題解決能力が育成できている検証結果や目的・目標に向けて主体的に取り組んでいる姿を報告することができました。

  ご参会された先生方からいただいた多くのご意見を、今後に生かしていきたいと思います。このような機会を与えていただいたことに感謝いたします。ありがとうございました。

 

目的に合致した合理的なものづくりのための設計力を育てる

機械設計」学習指導

 -三次元CADCAE機能の活用を通して-

県立浮羽工業高等学校 教諭 上村 俊郎 

 

   これまでの授業を振り返ると、示された課題を生徒がこなすことにとどまっていたため、生徒自らが課題を発見したり、ものを創り出したりする力を育てることができていませんでした。本研究では、「機械設計」にCAE機能を取り入れ、生徒の合理的なものづくりのための設計力を育てようと取り組みました。CAE機能を活用することで、生徒は、目で見ることができない応力を視覚的に捉えることができ、課題を発見し、解決に向かって主体的に取り組む姿が多く見られました。今後は、CAE機能を活用できる科目や単元を検討し、生かしていきたいと思います。

  ご参会された先生方から多くのご意見を頂きました。今後の取組に生かしていきたいと考えております。このような貴重な機会を頂いたことに大変感謝しております。ありがとうございました。

 

図形を読み取る力を育てる「製図」教材の開発

 
 県立苅田工業高等学校 教諭 中村 圭一郎

 

  図面から製品の形状をイメージしたり、製作したいものをデザインしたりすることは、ものづくりにおいて重要な要素となります。これまでの「製図」学習は、図面をかく知識と技術を習得させるために授業を行っていました。しかし、それだけでは、生徒の図形を読み取る力を十分に育てることができず、個に応じた指導も不十分であったと感じています。そこで、今回の研究では、生徒に図形を読み取る力を育てるための教材を開発し、生徒が主体的に学習できる活動を授業に取り入れました。授業に模型の製作や観察を取り入れることで、図形を読み取る力を育てることができました。

  発表会では、多くの方に温かく支えられていたことを実感することができ、貴重な機会に恵まれたことを改めて感謝しております。本当にありがとうございました。

 


 ホーム
福岡県教育センター
〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079  Fax:092-947-8082
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082