ホーム  >  各班からのお知らせ [ 産業教育班 ]
12|2018/01|02

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031


カレンダーと同期

2018年1月12日

研究発表会のご案内(産業教育班)

 当教育センターでは、平成30年2月2日(金)に研究発表会を行います。産業教育班からは、3名の長期派遣研修員が1年間の研究成果を発表します。多くの方にご参加いただき、たくさんのご意見やご指導を賜りたく存じます。

 

農業生産の課題解決能力を育成するポートフォリオ教材の開発

 

             県立八女農業高等学校 野中 格


 これまでの実践から、生徒にプロジェクト学習による授業展開で知的好奇心を高め、農業の課題を発見したり解決したりする力を身に付けさせたいと考えていました。今回の研究では、農業科「総合実習」のプロジェクト学習に活用できる農業版ポートフォリオと一連の支援教材について研究しました。研究発表会では、この教材から農業生産の課題解決能力を育成するために、取り組んできた内容を報告します。

 

目的に合致した合理的なものづくりのための設計力を育てる

「機械設計」学習指導

-三次元CADCAE機能の活用を通して-

 

            県立浮羽工業高等学校 上村 俊郎


 「機械設計」で、三次元CADCAE機能を活用し、生徒自らが考え、設計できるような学習指導法の研究を行いました。この研究を通して、「ものを設計できるようになった」という実感を少しでも生徒に持ってもらいたいと思っています。また、「実習」で製作している椅子の設計を「機械設計」で行うことで、教科横断的な視点から授業改善を行います。研究発表会では、三次元CADCAE機能の有効性を少しでも広められるような報告ができるようにしたいと思います。

 

図形を読み取る力を育てる「製図」教材の開発 
 

県立苅田工業高等学校 中村 圭一郎


 資源の少ない我が国は、信頼性の高い工業製品を製造し、今後も安全で信頼できるものづくりを追求する必要があります。ものづくりにおいて製図は欠かせないため、製図を学習することはものづくりの原点を学ぶことだと言えます。そこで、製図において基礎的・基本的な知識や技術を確実に身に付けさせるため、「投影図のえがき方」と「立体的な図示法」の両単元で用いる教材を開発しました。発表会では、その教材の有効性と生徒の変容を示し、成果と課題について報告します。

 ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082