各班からのお知らせ

   ホーム  >  各班からのお知らせ [ 特別支援教育班 ]
12|2020/01|02



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
カレンダーと同期

2020年1月15日

ミドルリーダー養成講座(872)の様子(特別支援教育班)

特別支援学校教諭免許状単位修得コースの様子

1217日(火)に、特別支援教育ミドルリーダー養成講座~特別支援学校教諭免許状単位修得コース(872講座)が閉講式を迎えました。

 本講座は、特別支援教育におけるミドルリーダーの養成とともに、免許法認定講習としての機能を併せ有する講座です。

知的障がい者、肢体不自由者、病弱者等に関する教育の領域を定めた特別支援学校教諭二種免許状取得に必要な6単位の修得が可能です。多くの講師から、特別支援教育に携わる教員として必要とされる知識等を幅広く学ぶことができる合計16日間の講座です。

なお、単位修得のためには、決められた時数の受講や、成績審査に合格する必要があります。

 

 本講座では、専門性の高い大学の先生からの講義とともに、指導主事の講義・演習では、疑似体験や具体的な指導場面を設定しての協議など、実感を伴った理解や主体的な学びとなるよう工夫しています。演習の一部をご紹介します。

 

 

  上の写真は、「知的障がい児の指導の実際」の演習の一場面です。課題分析の演習でボールペンの組み立てを行いました。ボールペンを組み立てる作業工程を一つずつ順番に行いながら、演習シートの「工程」の欄に記入します。また、それぞれの工程を実施するためにはどのような力が必要かも併せて記入していきます。

  その後、シートを用いて協議を行いました。受講者の先生方は、大変熱心に演習に取り組まれ、「実態把握と課題分析の両方を行うことで、どのような手立てを講じたらよいかが分かる。児童が何に困っているのかを観察し、支援に生かしたい。」といったような感想がありました。

 

 

 

毎回、研修の最後にリフレクションの時間を設けました。本日の学びを振り返るとともに、小学校、中学校、特別支援学校と、他校種の実践を共有するなど活発な情報交換もなされました。 

 

  下の写真は閉講式での修了証書授与の様子です。

 特別支援教育部長から、在籍校や地域の特別支援教育の推進者としての役割を担うことの期待が述べられました。
 受講者の先生方は、「通常の学級で学んでいる支援の必要な児童に、寄り添い支援できるように頑張りたい。」「学んだ情報を在籍校で紹介することで、特別支援教育の取組が少しずつ広がってきた。今後も頑張りたい。」「基礎からしっかり学ぶことができて有意義だった。学校では実践に重きを置きがちだが、理論も併せて今後の教育活動に取り組みたい。」など、それぞれが決意を新たにしていました。

 本講座で学んだ知識・技能を生かし、今後の益々のご活躍をお祈りいたします。

 

 

    

👉興味・関心を持っていただいた先生方へ

令和2年度「特別支援教育ミドルリーダー養成講座」の受講をお待ちしております!

 

 👉こちらもあわせて御活用ください 

▶ サポート・シリーズ校内研修

「⑩発達障がいについて~困難さの理解と支援~」「⑪児童生徒の実態把握について~サポートヒントシートの活用」「⑫インクルーシブ教育システムについて」

※校内研修でそのまま使えるデータをダウンロードできます!

 

 

 

 ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082
福岡県教育センター
〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079  Fax:092-947-8082
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082