各班からのお知らせ

   ホーム  >  各班からのお知らせ [ 特別支援教育班 ]
05|2017/06|07




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
カレンダーと同期

2017年6月30日

平成29年度特別支援教育班 長期派遣研修員の紹介

 平成29年度特別支援教育班の長期派遣研修員の紹介をします。
 在籍校や地域の特別支援教育に貢献すべく、皆やる気いっぱいで、研究と修養に励んでいます。それぞれの、研究主題や研修内容をお知らせします。

 

 

 

 

  

 

福津市立神輿小学校 佐々木 聰

研究主題

「言動を視覚的に意識させる支援を通して、友達との望ましい関わり方を身に付けさせる自立活動の指導-友達とよりよく関わりたいと願うA児の実践を通して-」

 

 

 


  

 

久留米市立久留米特別支援学校 川島 明浩

研究主題 

「快を位置付けた段階設定を基に、意思表現できるようにする自立活動の指導-知的障がいのあるA児の実践を通して-」

 

 


 

 

柳川市立柳河小学校 岩田 健吾

研究主題

「身近な人との関わりの中で気付きの質を高める生活科学習 不注意傾向のあるA児に注意集中を促す実践を通して-」

 

 

 

 

福岡県立福岡視覚特別支援学校 原 智美

  視覚障がい教育に携わる教員として必要な専門的知見と独自の教育技術を習得するため、外部講師による講義・演習や外部施設、視覚特別支援学校等での研修を行います。    

 

 

福岡県立小倉聴覚特別支援学校 石井 由香里

研究主題

ごっこ遊びにおける活動構成の工夫によって、自分の思いを表現することができる総合保育聴覚障がいのあるA児の実践を通して-」

 

 

 


 

福岡県立太宰府特別支援学校 川嶋 雅史

研究主題

大型遊具を中心とした活動構成の工夫により、滑らかな身体の動きを目指す自立活動の指導-知的障がいを伴う自閉的傾向のあるA児の実践を通して -」

 

 

 


 

福岡県立筑後特別支援学校 木塚 恵

研究主題 

語頭音を手掛かりにした教材を活用して、文字で思いが伝わることが分かる国語科学習-知的障がいのあるA児の実践を通して-」

 

 

 

 

福岡県立小郡特別支援学校 小屋松 淳

研究主題

自分の行動を振り返る力を高めることによって、介助方法を身に付けることができる福祉科学習-知的障がいのある生徒Aの実践を通して-」

 

 

 

 

福岡県立築城特別支援学校 釘丸 紀子

研究主題

「段階的な活動構成の工夫をもとに、拡大・代替コミュニケーション手段を使って意思を自分から明確に伝えることを目指した自立活動の指導 -肢体不自由と知的障がいを併せ有する生徒Aの実践を通して-」

 



2017年6月30日

特別支援教育GALLERY 2017前期

 

第2研修棟1階の「特別支援教育GALLERY」(ロビー)には、県立特別支援学校の幼児児童生徒の作品を展示しています。2017年の春・夏は、県立特別支援学校「北九州高等学園」、福岡聴覚特別支援学校、小郡特別支援学校の幼児児童生徒の作品です。

 

【県立特別支援学校「北九州高等学園」】

 それぞれの職業班で製作した数多くの作品が展示されています。

木材加工班が製作した「五段引出」や「ミニデスク・チェア」は見事な出来映えです。

被服班製作のパジャマも、涼しげな色合いで完成度が高い仕上がりになっています。

窯業班、工芸班の作品は思わず手にとってみたくなるような魅力的なものばかりです。

また、農業班の鮮やかな野菜についても写真で紹介されています。

 

 

 

 

 

 

【福岡聴覚特別支援学校

幼児児童生徒の図画・工作や美術等での作品が展示されています。

幼稚部の作品は、同じ先生をモデルに描いたものです。笑顔が素敵な先生なのでしょうね。それぞれが捉えた先生が生き生きと描かれています。

小学部の版画の作品は、台紙である紙にも色付けがなされるなど、非常に工夫されています。物語の世界に足を踏み入れたかのような、鮮やかで幻想的な作品に仕上がっています。

中学部のオブジェは、将来の職業をイメージして創られています。制服や道具まで精巧に表現されています。





 

 

 

 

 【小郡特別支援学校】

 児童生徒の芸術的センスが光る作品が数多く展示されています。

小学部の鬼のお面は、それぞれの個性があふれ、どこかユーモラスに表現されています。

中学部のコラージュは、組み合わせの不思議さ、面白さを感じさせる作品に仕上がっています。

高等部の「金色の塔」は、段ボールを細かく切って組み合わせて作られたものです。白で地塗りをした後、金色の塗料で色づけを行うなど、細やかな配慮が芸術性を高めています。 

 その他、版画や木工等のユニークな作品も多く展示されています。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 



 

 



 ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082