各班からのお知らせ

   ホーム  >  各班からのお知らせ [ 特別支援教育班 ]
10|2017/11|12



1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

カレンダーと同期

2017年11月13日

特別支援教育GALLERY 2017後期

 第2研修棟1階の「特別支援教育GALLERY」(ロビー)には、県立特別支援学校の幼児児童生徒の作品を展示しています。

 2017年の秋・冬は、県立特別支援学校「福岡高等学園」、久留米聴覚特別支援学校、福岡高等視覚特別支援学校の幼児児童生徒の製品や作品です。

 

【県立特別支援学校「福岡高等学園」

 それぞれの専門コース(機械コース、クリーニングコース、被服コース、窯業コース、工芸コース)で制作した製品を展示しています。

 機械コースの製品の細部をよく見てみると、見事な溶接が施されています。

 クリーニングコースの製品からは、お客様に喜んでもらうために頑張って仕上げた生徒の様子が想像できます。

 被服コースの製品は、デザインもかわいらしく、縫製も丁寧です。

 窯業コース、工芸コースの製品は、実用的かつ、味わいがあるものに仕上がっています。

【県立特別支援学校「福岡高等学園」の製品】

 

【デザインがかわいらしい被服コースの製品】

 

【実用的で味わいのある窯業コースの製品】

 

 

【久留米聴覚特別支援学校】

 幼児児童生徒が、図工や美術の学習で製作した作品を展示しています。

 幼稚部の作品は、動物園で見た動物たちを、身の回りにある物を使って作ったり絵に描いたりしたものです。どの作品も動物の特徴をよく捉えています。

 小学部の作品は、歯磨きポスター、墨で描いた絵、綿棒を使った立体作品です。それぞれの作品からは、作り手のメッセージが伝わってきます。

 中学部の作品は、お面、絵手紙、スタンピング、粘土作品です。デザインや構図の工夫が素晴らしいです。

  • 【久留米聴覚特別支援学校の作品】
  •  

 【幼児が作ったかわいらしい動物たち】

 

【中学部の生徒が作ったお面】

 

【福岡高等視覚特別支援学校】

 生徒が作業学習等で製作した、さをり織り、陶器、貼り紙、折り紙を展示しています。

 さをり織りは、糸の色や太さ、材質を変えることにより、風合いの違う製品に仕上がっています。

 陶器の置物の中には鈴が入っていて、手にとって振ると、優しい音色を奏でます。

 折り紙や貼り紙は、様々な色や模様が組み合わさり、すてきな製品に仕上がっています。

 【福岡高等視覚特別支援学校の製品】

 

【中に鈴が入っている置物】

 


【鮮やかな色合いの貼り紙や、折り紙】


 ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082