各班からのお知らせ

   ホーム  >  各班からのお知らせ [ 特別支援教育班 ]
08|2019/09|10
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930




カレンダーと同期

2019年9月27日

ミドルリーダー養成講座(871)の様子(特別支援教育班)

  •   9月19日(木)に、特別支援教育ミドルリーダー養成講座~特別支援教育スペシャリストコース~(871講座)の全日程を終了しました。

 本講座は、教育的資源等を学校に取り入れた組織的な校内支援システムを構築できる人材を育成し、各地区・各学校における特別支援教育の推進を図ることを目的としています。

主な内容として


(1)特別支援教育の動向
(2)発達障がい者の自立を目指す支援
(3)進学・就学に向けて~障がいのある生徒の指導の実際~
(4)障がい者への就労支援について
(5)障がい児者の福祉等の制度とその現状
(6)不適応状態にある幼児児童生徒の現状とその予防的支援
(7)相談機関から見た障がいのある幼児児童生徒の理解
(8)特別支援教育に係る教育的資源との連携の在り方

以上の内容を、全5日間の日程で行いました。

                                            


下は、研修スライドの一部です。              



スライドに示しているように、これからは、学校内で組織的に対応する特別支援教育に加えて学校を取り巻く機関と共に児童生徒の指導・支援を図ることが大切になります。その目的は二つあります。 一つは児童生徒の実態や教育的ニーズに応じて,よりよい支援を提供するためです。 二つは ,学級担任等が一人で問題を抱え込むことなく,チームによる支援を行うためです。



支援を要する児童生徒を支える仕組みや支援体制について、関係機関の方や保護者など、それぞれの立場から講義していただいたことにより、手を取り合う重要性を感じられるものとなりました。

 

また、連携の中心にある学校教育において、特別支援教育コーディネーターとして活躍している先生を招いて、「小中連携と特別な支援を要する生徒への校内支援体制づくり」について話していただきました。



        【特別支援教育コーディネーターの先生の実践発表】


協議においては、研修を受けられた小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の先生方が、在籍校の近隣の先生方同士、また、同校種の先生方同士など、様々な形態をとることで、より現実的で深い対話が繰り広げられました。


                                                    【協議の様子】


 

    外部講師の先生方の話と、学校で中心となって特別支援教育を組織的に進めている先生の実践発表が合わさって、改めて、特別支援教育をどのように校内で進めていくかを考えるスペシャリストとしての先生方の決意が感じられました。


                        【受講者の先生の決意表明】
































 ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082
福岡県教育センター
〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079  Fax:092-947-8082
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082