各班からのお知らせ

   ホーム  >  各班からのお知らせ [ 情報教育班 ]
07|2020/08|09






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031




カレンダーと同期

2020年7月31日

小学校プログラミング教育の進め方

なぜプログラミング教育が必要?

  

未来を生きる子供たちは、コンピュータなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報とを適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会で生活していくこととなります。

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要なこととなっています。こうしたことに対応するため、2020 年度から小学校においてもプログラミング教育が導入されました。

 

 
 
 
 

 

小学校のプログラミング教育では、問題解決に向けて適切な手順を導く過程を重視するため、専門的な知識やスキルが求められているわけではありません。実際に触れてみることで、授業のイメージがつかめることもあります。まずは「Scratch」や「ビスケット」「プログラミン」など、直感的にプログラムをつくることができるビジュアル型プログラミング言語の教材を試してみることを各学校の先生方におすすめいたします。教材に触れる時間を増やすことが、プログラミング教育の理解につながります。

 

 
 

 

小学校のプログラミング教育を実施するときには、各教科・単元で定められた学びの目標を達成させるようにしなければなりません。まずは「小学校プログラミング教育の手引」に示された「学習活動の分類A」をご覧いただきたいと思います。分類Aには「5年算数」「6年理科」「総合的な学習の時間」に対して「学習の位置付け」「学習活動とねらい」が明示されているため、授業の進め方のイメージできるのではないかと思います。 

 さらに、分類A以外の事例から、発達段階に応じてどの場面でプログラミング教育が実践できるかを考えることが、系統立てたカリキュラムを立案する第一歩となります。同時に、学校ICT環境の整備や教材の準備を計画的に実施していきましょう。


 


 ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082
福岡県教育センター
〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079  Fax:092-947-8082
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082