センター紹介

   ホーム  >  センター紹介 [ 教育センター メルマガ ]   >  教育センターメールマガジン第135号(令和2年7月号)

教育センターメールマガジン第135号(令和2年7月号)

最終更新日 [2020年9月8日]  

─────────────────────────────────────    
◇◇◇◇◇◇  福岡県教育センターメールマガジン     ◇◇◇◇◇◇
       第135号(令和2年7月号)2020.7.15
                     〔 Fukuoka Prefectural Education Center 〕
─────────────────────────────────────    

 先日の令和2年7月豪雨で被災された方々にお見舞いを申し上げますとともに、
亡くなられた方々に対しまして、心から哀悼の意を表します。
 先生方の学校におかれましても被害の対応にお忙しい思いをされているところ
もあるかと存じます。復旧等に御尽力されている方々に深く敬意を表しますとと
もに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。


_/_/_/_/ 目 次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
■ お知らせ

  ★ 校内研修の進め方~学校再開でお忙しいと思いますが…
  そんな時だからこそ、子供たちに楽しい学びを届けるための校内研修を!~★

 ★ 新たな工夫に生かせる「指導案データベース」について ★

 ★ 福岡県教育センター令和元年度調査研究成果物を紹介します ★

 ★ 福岡県立学校「新たな学びプロジェクト」スタッフログの開設について ★

  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 校内研修の進め方~学校再開でお忙しいと思いますが…
  そんな時だからこそ、子供たちに楽しい学びを届けるための校内研修を!~★

 これからの校内研修には…
 ・させられる → 学びたくなる
 ・知識やスキルを与えられる → みんなで協働的に創り出す
 ・時間や労力をかけてつくりあげる → 最小限の労力で最大限の効果をあげる
といった意識の転換が求められます。
 制約や制限の多い状況は、逆に今までの研修の在り方を大きく変えるチャンスと
いえます。
 そのための情報を紹介します。

 ① 「サポート・シリーズ校内研修」
  福岡県教育センターでは、様々な研修のスライド資料を読み原稿付きで配信し
 ています。そのままで使ってもよいし、改編して使うこともできます。
 ▶ http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=497

 ② 「校内研修シリーズ」
  NITS独立行政法人教職員支援機構が作成している著名な講師陣による20分程度
 の動画が豊富に準備されています。
 ▶ https://www.nits.go.jp/materials/intramural/

 これらのコンテンツは、
 ・準備する時間が短縮できる
 ・内容の質が担保されている
 ・個人で学ぶことができる
 ・繰り返し学ぶことができる
 ・演習を行うための事前学習として活用できる
 ・個人で視聴することにより研修時間が短縮できる
といったメリットが考えられます。

 ぜひ研修コンテンツを御活用いただき、「学びがいのある研修」の実現のためにお
役立てください。


★ 新たな工夫に生かせる「指導案データベース」について ★
 
 福岡県教育センターホームページ「指導案データベース」では、県内の学校から
提供いただいた2400本を超える指導案を様々なキーワードで検索することができま
す。

《絞り込み検索のキーワード》
・「校種で検索」------小学校・中学校・高等学校・特別支援学校を選んで検索!
・「教科等で検索」----国語や外国語等の教科や教科横断型、人権教育等の40の
           項目から選んで検索!
・「単語で検索」------フリーワードを入力して検索!

 約3か月にわたる臨時休業により、効率的で効果的な学習指導や特別活動の工夫
が重要性を増しています。また、本年度より一人一人の小・中・高における学びを
つなぐ「キャリアパスポート」がスタートしました。児童生徒の12年間の成長とい
う観点で異校種の学びを知ることも「指導案データベース」では可能です。
 日々の授業づくりに、若年教員の研修に、異校種の学びへの理解や教科横断的な
学びをつくるヒントに、毎年大変多くのアクセスをいただいている「指導案データ
ベース」を、先生方のニーズに応じた検索で是非御活用ください。
 
 ↓↓「指導案データベース」検索サイトはこちら↓↓
  http://www.educ.pref.fukuoka.jp/bunsho/pub/default.aspx?c_id=14
 


★ 福岡県教育センター令和元年度調査研究成果物を紹介します ★

 福岡県教育センターでは、県内の教育課題、経営課題に応じた研究を推進し、調
査研究協力校と連携しながら調査研究事業に取り組んできました。以下、3つの令
和元年度調査研究の成果物について御紹介します。

◇◇ 資質・能力を育成するカリキュラム・マネジメント“15の方策” ◇◇
 福岡県教育センターでは、平成29年度から3年間、カリキュラム・マネジメント
について調査研究を進めてきました。「どうすればいいのかな?」といった運営上
のお悩みに応える研究成果や事例を御紹介しています。児童生徒の資質・能力を育
てるために、是非御活用ください。

 「カリキュラム・マネジメント」に関する研究成果や事例はこちら↓↓
  http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=569


◇◇ 教員は学校で育つ!目標と評価を生かしたOJT ◇◇
 成果物は、「教員を『育てる』学校から教員が『育つ』学校へ」と題し、自ら成長
する教員を育てることの必要性、調査研究協力校10校の実践から得られた人材育成に
関する知見、同じく10校の実践事例を三つの章にまとめています。育つ、育つことを
支える、学校づくりをマネジメントする、といった観点から御覧いただき、各学校の
実情に応じた人材育成の在り方を検討する際の参考として、是非御活用ください。

 「目標と評価を生かしたOJT」に関する研究成果はこちら↓↓
 http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=570


◇◇ 児童生徒の人間関係形成能力を高める学級経営 ◇◇
 学級経営は、教師の感覚とともに、調査等の客観的データの分析に基づく児童生徒
への教育的な働きかけが重要です。そこで、アンケート実施から個票、学級帳票の作
成まで簡単にできる人間関係形成要素実態分析ツール「FRT」を開発しました。是非、
御活用ください。

 「児童生徒の人間関係形成能力を高める学級経営」に関する研究成果はこちら↓↓
 http://www.educ.pref.fukuoka.jp/static/調査研究/令和元年度/人間関係/up_IG
NXL5I2成果物HPdownload.pdf


★ 福岡県立学校「新たな学びプロジェクト」スタッフログの開設について ★
 
 全国的にも注目を集める、本県県立学校の授業改善の取組を推進する本プロジェク
トのウェブサイト内に、スタッフログを新設しました。本ブログでは、チームメン
バー「主体」で先生方と「対話」し、気軽な雰囲気の中にも「深い学び」を追究した
内容を提供したいと考えています。以下の内容を毎週アップしていく予定です。是非
アクセスしていただき、交流する中で一緒に考えを広げ深めていきましょう。
 なお、既存の「ふくおかAL通信」も好評のため本年度も引き続き発行します。

 《掲載内容》
 # オススメ「ICT教材」紹介:ICT教材フォルダに掲載されている教材を使ってみた
  感想・活用法
 # 福岡ALマップ:派遣コンサルタント等で学校訪問を行ったメンバーの活動報告
 # リレーエッセイ:「私たちのAL・ICT失敗談」「教育の未来~After 20 Years」等
 # 身近な先哲へのインタビュー:メンバー以外の教育センター職員のAL・ICTに関す
  る知見を紹介
 # 小ネタ特集(探究、オンライン学習、観点別評価 等):プロジェクトの内容に
  関連する知見を紹介
 # 先生方からのお便り(Q&A)コーナー

 【福岡県教育センターホームページ】
 ホーム  >新たな学びプロジェクト トップページ >新たな学びスタッフログ
 http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=457


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 各学校におかれましては、「学校の新しい生活様式」による学校生活づくりや自然
災害への対処・警戒など、様々なことに配慮されながらの多忙な毎日でいらっしゃる
かと存じます。福岡県教育センターでは、子供たちの夢や先生方の抱負を支えるべく
研究・研修・支援の各事業をさらに充実させてまいります。
 日に日に暑さの増す折です。皆様、どうぞ御自愛ください。


○「メールマガジン」への御意見・御感想は、こちら↓↓
 centermailmag@educ.pref.fukuoka.jp

○「メールマガジン」のバックナンバーはこちら↓↓
 http://www.educ.pref.fukuoka.jp/intro/pub/list.aspx?c_id=248&redi=ON


─────────────────────────────────────
福岡県教育センターメールマガジン
第135号(令和2年7月号)
       発行元 福岡県教育センターメールマガジン編集部
           E-mail:centermailmag@educ.pref.fukuoka.jp
────────────────────────────────────END 

この情報に関するお問い合わせは
福岡県教育センター 企画調査班
電話:092-947-1062
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082
福岡県教育センター
〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079  Fax:092-947-8082
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082