センター紹介

   ホーム  >  センター紹介 [ 教育センター メルマガ ]   >  教育センターメールマガジン第122号(令和元年9月号)

教育センターメールマガジン第122号(令和元年9月号)

最終更新日 [2019年10月4日]  

─────────────────────────────────    
◇◇◇◇◇◇  福岡県教育センターメールマガジン     ◇◇◇◇◇◇
        第122号(令和元年9月号)2019.9.5
                     〔 Fukuoka Prefectural Education Center 〕
─────────────────────────────────    
_/_/_/_/ 目 次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
■ お知らせ
 ★令和元年度調査研究の紹介②
    -教員は学校で育つ! 目標と評価を生かしたOJT[継続]-
  教育経営部教育経営班 主任指導主事 奈木野 剛
 ★校内研修ですぐ活用可能!「サポート・シリーズ校内研修」
 ★NITS(独立行政法人教職員支援機構)研修資料の紹介
 ★調査研究成果物の紹介         

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「令和元年度調査研究の紹介②」
    -教員は学校で育つ! 目標と評価を生かしたOJT[継続]-
            教育経営部教育経営班 主任指導主事 奈木野 剛
 OJTチームでは、教員一人一人の自己目標を達成するサイクルを柱に、それを
機能させる学校としての関わり及び校長のマネジメントについて究明、発信する
ことにより、県内各学校の人材育成に資することを研究の目的としています。
 各教員が自律的、主体的に成長するためには、目標を自己選択、自己決定、
自己評価していく「自己目標管理」が重要です。この自己目標管理が効果的、
効率的に進められるように環境としての組織的な支援があり、それをマネジメント
する校長の存在が必要です。研究協力校の取組から得られたものを、各学校の人材
育成の目的や状況に応じて、活用しやすいものに整理し、学校に還していくことを
目指しています。
↓↓1年次の研究成果物はこちら↓↓
http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=496

★校内研修ですぐ活用可能!「サポート・シリーズ校内研修」
  日々の校内研修をサポートする「サポート・シリーズ校内研修」は、研修で
そのまま使えるデータを、教育センターホームページで提供する事業です。
現在12シリーズを配信中です。今後、新たなシリーズを随時発信していきます。
是非一度御覧ください。
↓↓「サポート・シリーズ校内研修」はこちら↓↓
http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=497
※ページを閲覧するには各学校等に配布されていますパスワードが必要です。
御不明な点は企画調査班(℡092-947-1062)まで御連絡ください。

★NITS(独立行政法人教職員支援機構)研修資料の紹介
  NITSでは、動画コンテンツによるオンライン研修「校内研修シリーズ」や
各種相談窓口など、様々な資料が満載です。
「校内研修シリーズ」「研修プランシリーズ」「実施研修シリーズ」など、
動画コンテンツを中心に、学校等における研修に活用できる資料がありますので、
是非一度御覧ください。
↓↓「NITSオンライン講座」のページはこちら↓↓
https://www.nits.go.jp/materials/
校内研修の企画、運営、評価、研修方法などの情報が満載!
↓↓「教職員研修の手引き 2018―効果的な運営のための知識・技術―」はこちら↓↓
https://www.nits.go.jp/materials/text/files/index_tebiki2018_001.pdf

★調査研究成果物の紹介
  教育センターでは、これまでに様々な分野の研究成果物を発行しています。
どの研究成果物も教育活動を充実させる多くのアイデア等が詰まったものです。
教育センターホームページからダウンロードできますので是非御活用ください。
 以下に研究成果物を紹介します。
〇学習指導(小・中学校)
 平成29年度
  ・小学校英語教育における教科化の実践に向けた校内研修
  ・小学校段階における、プログラミング的思考を育成するカリキュラム・マネジメント
 平成28年度 
  ・小学校における英語教育の教科化に向けた校内研修
 平成26年度
   ・通常の学級におけるユニバーサルデザインの視点を生かした授業づくり
   ・授業診断ツールの開発と活用
 平成24年度
  ・教師が身に付けておきたい授業技術
  ・校内研修のすすめ方
 平成23年度
  ・思考力・判断力・表現力を高める中学校の授業づくり
  ・今日からできるICT機器を活用した授業づくり
  ・小・中学校特別支援学級 自立活動の指導の手引
 平成22年度
  ・小学校外国語活動・中学校外国語科指導マニュアルの開発
  ・OJTによる授業力向上を目的とする研究Ⅱ
  ・小・中・高等学校における「思考力・判断力・表現力」の評価と授業づくり
 平成21年度
  ・OJTによる授業力向上を目的とする研究
  ・思考力・判断力・表現力等を育てる各教科における言語活動の在り方
 平成20年度
  ・基礎・基本を身に付けさせる教師の授業技術
  ・基礎的・基本的な知識や技能を活用する教科学習の在り方
 平成19年度
  ・発展的な学習ナビ
  ・高めよう!学ぶ意欲 育てよう!学習習慣
 平成17年度
  ・学習内容の習熟の程度に応じた指導の在り方
 平成16年以前
  ・国際感覚を身に付け、実践的コミュニケーション能力の基礎を培う小学校英語プログラムの開発
  ・学習指導の改善をめざす目標に準拠した評価の在り方
  ・学習指導の改善をめざす各教科の目標に準拠した評価の在り方
〇学習指導(高等学校)
 平成26年度
   ・通常の学級におけるユニバーサルデザインの視点を生かした授業づくり
   ・地域産業を担うスペシャリストを目指し、学ぶ意欲を高める産業教育
 平成24年度
  ・教師が身に付けておきたい授業技術
  ・高等学校の授業改善につながる言語活動の在り方
 平成23年度
  ・今日からできるICT機器を活用した授業づくり
 平成22年度
  ・OJTによる授業力向上を目的とする研究Ⅱ
  ・小・中・高等学校における「思考力・判断力・表現力」の評価と授業づくり
 平成21年度
  ・高等学校における授業改善に関する研究Ⅲ
  ・OJTによる授業力向上を目的とする研究
  ・思考力・判断力・表現力等を育てる各教科における言語活動の在り方
 平成20年度
  ・高等学校における授業改善に関する研究Ⅱ
 平成19年度
  ・高等学校における授業改善の手引
  ・発展的な学習ナビ
 平成18年度
  ・高等学校における授業改善に関する研究
 平成16年度以前
  ・「確かな学力」を育むためのシラバスの活用・改善に向けたガイドブック   
〇生徒指導
 平成24年度
  ・小学校における生徒指導組織の機能性を高めるプログラムの開発
 平成22年度
  ・保護者との信頼関係を築く職員研修プログラムの在り方
 平成21年度
  ・保護者との信頼関係を高める教師のコミュニケーションスキルアップ
 平成19年度
  ・規範的な行動を促す指導の手引
 平成18年度
  ・ひきこもりがちな児童生徒への効果的な支援の進め方
 平成17年度
  ・高めよう!子どもたちの規範意識!
 平成16年度以前
  ・高めよう子どもの規範意識
  ・不登校の解消をめざして
  ・薬物等乱用防止学習プログラム
〇特別支援教育
 平成30年度
  ・インクルーシブ教育システムの構築に向けた通常の学級における学びを支える方途
 平成29年度
  ・インクルーシブ教育システムの構築に向けた通常の学級における学びを支える方途
 平成28年度
  ・インクルーシブ教育システムの構築に向けた特別支援教育の充実
 平成26年度
  ・通常の学級におけるユニバーサルデザインの視点を生かした授業づくり
 平成25年度
  ・通級による指導ハンドブック ~通級担当の1年間~
 平成23年度
  ・小・中学校特別支援学級 自立活動の指導の手引
 平成22年度
  ・これならできる!「個別の教育支援計画」「個別の指導計画」作成ハンドブック
 平成21年度
  ・高等学校における特別な教育的支援を必要とする生徒への指導の在り方
 平成19年度
  ・すすめよう!自閉症の子どもへの支援
 平成17年度
  ・はじめよう!自閉症の子どもへの支援
 平成16年度以前
  ・初めて特別支援教育に携わる先生のための手引
  ・はじめようADHDの子どもへの支援
  ・はじめよう学習障害(LD)児への支援
〇情報教育
 平成28年度
  ・ICTを活用したアクティブ・ラーニング
 平成23年度
  ・今日からできるICT機器を活用した授業づくり
 平成22年度
  ・情報セキュリティを確保した校務の情報化のすすめ
 平成21年度
  ・教員の情報モラル指導力を高める研修の在り方
 平成20年度
  ・教員のICT授業活用力の向上を図る研修の在り方
 平成18年度
  ・先進的情報技術教材化に関する研究
 平成16年度以前
  ・情報教育のすすめ
  ・学校におけるコンピュータネットワーク導入の手引 
〇総合的な学習の時間
 平成25年度
  ・鍛える教育
 平成17年度
  ・自己の生き方を考え続ける総合的な学習の時間
 平成16年度以前
  ・小学校・中学校・高等学校における総合的な学習の時間
  ・エンジョイ イングリッシュ
  ・「総合的な学習の時間」のPDS
  ・総合的な学習の時間の在り方(手引)
〇道徳教育
 平成16年度以前
  ・よりよい実践に結びつく道徳教育の在り方
  ・子供の発達段階に応じた心の教育
〇人権教育
 平成26年度
  ・子どもの人権に関する知的理解を図り人権感覚を養う授業づくり
 平成19年度
  ・子どもの人権意識を高めるために
 平成17年度
  ・子どもの人権意識を高めるために
 平成16年度
  ・自尊感情を高める少人数授業の展開
〇キャリア教育
 平成25年度
  ・鍛える教育
 平成21年度
  ・児童生徒の学びをつくり出すキャリア教育の進め方Ⅱ
 平成20年度
  ・児童生徒の学びをつくり出すキャリア教育の進め方
〇学校経営・教育課程
 平成30年度
  ・思考力、判断力、表現力等を育成するカリキュラム・マネジメントの充実
  ・教員は学校で育つ!目標と評価を生かしたOJT
 平成29年度
  ・実効性のある検証改善サイクルによる学力向上
 平成28年度
  ・ここから始める学力向上-検証改善サイクルの充実-
 平成27年度
  ・学校のチーム化を目指すミドルリーダー
 平成25年度
  ・学校経営15の方策
 平成16年度以前
  ・学校改善を目指す学校評価
  ・学校改善を目指して
  ・「基礎・基本の確実な定着を図るための教育課程の編成・実施」の研究
  ・特色ある教育課程の編成

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 学校では二学期が始まり、慌ただしい毎日を送られていることと思います。
当教育センターの専門研修講座は残り僅かとなりましたが、どこでもセミナー
や派遣コンサルタント等で引き続き先生方をサポートしていきます。
 9月に入り、朝夕は気温も下がり過ごしやすい気候となりましたが、体調管理
には十分御留意され御活躍ください。
 
○「メールマガジン」への御意見・御感想は、
  こちら→centermailmag@educ.pref.fukuoka.jp
──────────────────────────── 
福岡県教育センターメールマガジン
第122号(令和元年9月号)
       発行元 福岡県教育センターメールマガジン編集部
           E-mail:centermailmag@educ.pref.fukuoka.jp
─────────────────────────────────END 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082
福岡県教育センター
〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079  Fax:092-947-8082
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082