センター紹介

   ホーム  >  センター紹介 [ 教育センター メルマガ ]   >  第120号(令和元年7月号)

第120号(令和元年7月号)

最終更新日 [2019年8月20日]  

─────────────────────────────────    
◇◇◇◇◇◇  福岡県教育センターメールマガジン     ◇◇◇◇◇◇
        第120号(令和元年7月号)2019.7.5
                     〔 Fukuoka Prefectural Education Center 〕
─────────────────────────────────    
_/_/_/_/ 目 次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
■お知らせ
 ★校内研修ですぐ活用可能!『サポート・シリーズ校内研修』★
    ★福岡教師塾第2回(報告)★

■コラム
 ★教育指導部より★
         教育指導部教科教育班 主任指導主事(総括) 木庭 竜之助
         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★校内研修ですぐ活用可能!『サポート・シリーズ校内研修』
 日々の校内研修。「主題研究はどう進めればいいの?」「一般研修のいい資料はない
かな?」「指導者がいないと難しいな・・・」「資料を一からつくるのは大変だな…」
 『サポート・シリーズ校内研修』は、学校現場の先生方のそのような声にお応えする
事業です。現在12シリーズを配信中です。今後、新たなシリーズを随時発信していきます。
是非一度御覧ください。
↓↓『サポート・シリーズ校内研修』はこちら↓↓
 ※ページを閲覧するには各学校等に配布されていますパスワードが必要です。
  御不明な点は企画調査班(℡092-947-1062)まで御連絡ください。

★福岡教師塾第2回(報告)
<午前:講演>
「コミュニケーションの大切さ~なんでも出来る不幸せもあればなんでも出来ない幸せもある」
  脳性まひコミカルプロマジシャン 森 裕生 氏
「森裕生君たちとの関わりから学んだこと」
  福岡市立特別支援学校「博多高等学園」 校長 植村 昭博 氏
------------------------------------------------------------------
 「障がいは神様からの贈り物」と語る森先生。講演では、その生い立ちや小・中学校
時代の経験、プロマジシャンを目指すようになった経緯等についてお話いただきました。
 また、恩師の植村校長先生からは、森先生と級友との関わりの中で共感的人間関係が
生まれた経緯等についてお話いただきました。
 塾生は、人生を前向きに楽しむ森先生の魅力を感じるとともに、様々な背景をもった
子供一人一人を大切にし、支え合う学級・学校づくりについて、学ぶことができました。
------------------------------------------------------------------
<午後:企画・運営研修A②>
「熟議『課題解決に向けた構想』」
  教育センター 指導主事
------------------------------------------------------------------
 午後は、職務に応じた在籍校の課題や課題解決のための構想について協議を行いました。
 同校種グループにおける課題の共有、異校種グループで得た新たな気付き等をもとに、
今後取り組む課題等について塾生同士熱心に話し合う姿が見られました。
------------------------------------------------------------------
∽∽∽∽∽∽∽ ↓↓↓「福岡教師塾」はこちら↓↓↓ ∽∽∽∽∽∽∽
http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=325


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「教育指導部より」           
       教育指導部教科教育班 主任指導主事(総括) 木庭 竜之助
 本年3月に学習評価に関する通知が文部科学省から出され、様々な課題とともに、
学習評価改善の基本的な方向性も示されました。
 学習評価は「児童生徒の学習改善につながる」「教師の指導改善につながる」もの
でなければなりません。しかし、事後の評価に終始してしまい、評価の結果を具体的
な学習改善につなげられていないことや、評価のための評価になってしまい指導に注
力できないなどの課題も挙げられています。
 学習評価を真に意味のあるものとするためには、改めて学習評価についての基本的
な考え方を共有し、「必要性・妥当性が認められないものは見直す」ことが重要です。
 この機に、改めて子供の姿を通して、子供自身が自分の学びを振り返り高めていく、
教師が指導の在り方を見つめ直す、という評価の「不易」を学校全体で共有し、学校
全体で指導の質の向上に努めたいものです。
※是非参照してください。
 小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における児童生徒の学習評価及び
指導要録の改善等について(通知)文部科学省
 http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/1415169.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 メールマガジンは、平成21年7月に第1号を創刊してから10年の節目を迎えました。
10年の間に学校を取り巻く環境は刻々と変化し、福岡県教育センターもそのニーズに
応えるために様々な事業に取り組んできました。
 新学習指導要領の完全実施、新しい教育課題への対応等、今後も様々なかたちで
先生方をサポートできるよう創意工夫していきます。
 夏休みも近づき暑さも厳しくなってきます。皆様、どうぞ御自愛ください。

 
○「メールマガジン」への御意見・御感想は、
  こちら→centermailmag@educ.pref.fukuoka.jp
──────────────────────────── 
福岡県教育センターメールマガジン
第120号(令和元年7月号)
       発行元 福岡県教育センターメールマガジン編集部
           E-mail:centermailmag@educ.pref.fukuoka.jp
─────────────────────────────────END 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082
福岡県教育センター
〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079  Fax:092-947-8082
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082