センター紹介

   ホーム  >  センター紹介 [ 教育センター メルマガ ]   >  第119号(令和元年6月号)

第119号(令和元年6月号)

最終更新日 [2019年8月20日]  

─────────────────────────────────    
◇◇◇◇◇◇  福岡県教育センターメールマガジン     ◇◇◇◇◇◇
        第119号(令和元年6月号)2019.6.25
                     〔 Fukuoka Prefectural Education Center 〕
─────────────────────────────────    
_/_/_/_/ 目 次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
■お知らせ
 ★福岡県教育研究所連盟春季総会(報告)★
  ★令和元年度「福岡教師塾」開講の紹介★

■コラム
 ★県立基本研修★
         特別支援教育部特別支援教育班 指導主事 宮城 亜樹
         
 ★義務基本研修★   
         教育指導部 教科教育班 指導主事 松尾 憲雄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★福岡県教育研究所連盟春季総会(報告)
■□ 福岡県教育研究所連盟春季総会への御参加ありがとうございました。 □■
  6月18日(火)の春季総会では、以下のような議事内容について承認されました。
  ○ 平成30年度事業報告及び決算報告
  ○ 令和元年度事業予定及び予算報告
  ○ 第48回福岡県教育研究所連盟研究発表協議会について
 ※ 11月14日(木)の研究発表協議会に向けて、主管の朝倉市教育支援センターに
  準備を進めていただいています。各機関の御協力をお願いいたします。
   当日は、多くの皆様の御参会をお待ちしています。
  
    ▽▽ 春季総会の詳細や加盟一覧等を掲載しています ▽▽
  http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=127

★令和元年度「福岡教師塾」を開講しました
 企画部企画調査班 指導主事 伊藤 勝啓(福岡教師塾事務局)
  福岡県の教育をリードする人材の育成を目指す「福岡教師塾」が今年で9年目を迎え、
5月24日(金)に第1回を開催しました。今年度の塾生は61名です。
午前は、福岡県教育委員会の城戸教育長による講演が行われました。
創始期から福岡教師塾に関わってこられた城戸教育長は、福岡教師塾立ち上げの
経緯から現在の教育課題の解決に向けた施策まで、塾生に対する期待を込めて熱心に
語られました。午後は、「株式会社しくみデザイン」代表取締役の中村俊介氏に
よる講演が行われました。中村氏からは、デジタル広告や音楽ソフト等、誰もが
体験可能な「楽しむ」ツールの創造がもたらした効果について、自社の実例をもとに
語っていただきました。
その後行われたプログラミング演習では、「楽しむ」効果を学習場面に取り入れることの
よさについて、実感を伴いながら学ぶことができました。その他にも、塾生自身が
これまでの教員生活を振り返り、県や在籍校の教育課題の解決に向けて自ら取り組む
「自己課題」を発見するための演習等も行いました。
塾生のアンケートから、自分に向けられた期待の大きさを自覚するとともに、在籍校だけ
でなく県全体の課題意識をもつことの大切さを感じていることが伺えました。
各回の研修の様子は、福岡教師塾のページに掲載していますので御覧ください。
∽∽∽∽∽∽∽ ↓↓↓「福岡教師塾」はこちら↓↓↓ ∽∽∽∽∽∽∽
http://www.educ.pref.fukuoka.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=325

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「県立学校等基本研修」
 特別支援教育部特別支援教育班 指導主事 宮城 亜樹

 県立学校等基本研修は、職能及び経験年数に応じて、必要不可欠な専門的な知識、
技能等を習得させることにより、教職員としての資質の向上を図ることを目的と
しています。
本年度より、福岡県教職員育成指標を踏まえた基本研修計画書に基づいて、基本研修が
実施されています。教育センターが主管する令和元年度県立学校等基本研修は、
若年教員研修会1年目、中堅教諭等資質向上研修会、エキスパート教員研修会、
副校長・教頭研修会、校長研修会、新任校長研修会です。育成指標の各ステージに
おいて、特に重視すべき資質・能力や自己課題を勘案して、研修内容の重点化を
図っています。
また、職務内容に応じた研修として、指導教員・教科指導員研修会、新任研修主任
研修会を実施しています。
効果的な研修となるよう、講義、協議、演習等の研修方法を工夫するとともに、
高校教育課、特別支援教育課、体育研究所等と連携して取り組みます。

「義務基本研修について」
 教育指導部 教科教育班 指導主事 松尾 憲雄

 基本研修のねらいは、受講者が職能及び経験年数に応じた専門的知識や技能、
そして職に対する責任と誇りを身に付けることです。教育センターが主管する
基本研修は、若年教員研修、中堅教諭等資質向上研修、エキスパート研修、
新任生徒指導主事研修、新任教務主任研修、新任校内研修担当者研修、新任
進路指導主事研修、新任学年主任研修の8つの研修です。
義務教育課をはじめ、体育研究所や各教育事務所と連携しながら、年間40日間
実施します。
ここ数年、新規採用教員の数は増加傾向にあります。たくさんの若い先生方が
教職員の仲間に加わり、エネルギッシュで活気あふれる教育現場となっていく
ことが期待されます。
こうした期待に応えるためには、教員一人一人が不易とされてきた資質・能力に加え、
自律的に学ぶ姿勢を持ち、時代の変化や自らのキャリアステージに応じて、求められる
資質・能力を高め続けることが大切です。
さらに、教諭としての経験を重ね中堅として活躍していただいている先生方には、
学校のミドルリーダーとしての御自身の指導力向上はもとより、周囲の経験が
少ない先生方への指導も期待されています。
基本研修では、様々なキャリアステージの先生方の課題やニーズに応えることが
できる研修内容となるよう、教育センター職員自らが研修と研鑽を積み、万全の体制で
取り組んでいきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今年は梅雨入りが例年よりも遅れています。水不足も心配されますが、大雨による
被害を忘れることはできません。日頃からの備えをお互いに心がけ、子供たちと
ともに安全で充実した学校生活が送れるよう努めていきましょう。
 
○「メールマガジン」への御意見・御感想は、
  こちら→centermailmag@educ.pref.fukuoka.jp
──────────────────────────── 
福岡県教育センターメールマガジン
第119号(令和元年6月号)
       発行元 福岡県教育センターメールマガジン編集部
           E-mail:centermailmag@educ.pref.fukuoka.jp
─────────────────────────────────END 
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082
福岡県教育センター
〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079  Fax:092-947-8082
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082