センター紹介

   ホーム  >  センター紹介 [ センターだより ]

センターだより   

福岡県教育センター 教育経営部長  金子 尚文


 

 今年3月に、高等学校の学習指導要領が告示されるとともに、4月から小・中学校においては、新学習指導要領が先行実施されております。この学習指導要領では、社会に開かれた教育課程の重要性が示され、「主体的・対話的で深い学び」の実現や「カリキュラム・マネジメント」の充実などが求められております。

 一方、学校が抱える課題は、多様化・複雑化・困難化を呈しており、管理職の確かなリーダーシップ、教師力や組織力等の向上がより一層求められております。

 このような中、県教育センターでは、県内の幼稚園・小学校・中学校・義務教育学校・高等学校及び特別支援学校が自主的、自律的に特色ある学校づくりができるように、教職員の資質能力の向上を目指して、様々な支援を行っています。

 教育経営部では、次のことを所管しています。

 ①学校教育(特別活動、道徳、総合的な学習の時間)並びに学校経営(組織マネジメント、危機管

    理、学校評価等)に関すること 

 ②人権教育に関すること

 ③教育相談及び生徒指導に関すること 

 教育経営部においては、新学習指導要領や県の教育課題に対応するため、キャリアアップ講座では、今年度新たに「234番講座 学校の重点目標を具現化するカリキュラム・マネジメント」や「409番講座 いじめ問題について考えよう ~早期発見・早期対応と未然防止に向けて~」を実施します。また、前年度の講座参加者の声を反映して、日数の短縮化、演習・協議の重視などを行っております。

 指導主事は、部内研修等を通じて自らの資質能力の向上を図りつつ、国等の情報や先行研究の収集、専門研修の実施、「教員は学校で育つ!目標と評価を生かしたOJT」などの調査研究等の業務を、鋭意推進しております。

 また、本年度は、12名(小学校6名、中学校4名、高等学校2名)の長期派遣研修員が配属され、自分の研究テーマに基づく主題研究や一般研修等、一年間の研修に熱心に取り組んでおります。

 さらに、県教育センターでは、研修の実施に当たって、関係機関や大学等との連携を推進しております。例えば、今年度は、教育経営部主管の「生徒指導・教育相談中核教員養成講座」(年間6日間)と「学校経営参画中核教員養成講座」(年間6日間)を、福岡教育大学教職大学院と連携して実施し、希望者には、一定の要件の下、教職大学院の単位認定ができるようにするとともに、Webを使い県教育センターと教職大学院で遠隔授業を試行したりします。

 今後とも、県教育センターは、県内の学校の課題解決や教職員の資質能力を高めるため、支援をさせていただきます。どうか、よろしくお願いいたします。

 

 

 ホーム
福岡県教育センター〒811-2401福岡県糟屋郡篠栗町高田268
Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082